当社は、オートリース導入による経営の合理化を提案いたします。
         
 車両管理処理削減  所有時に伴う煩雑な管理処理をアウトソーシングできます。
 借入枠の温存  車両購入時のまとまった資金の流出を防止します。
 車両コストが明確化  車両代、期間中諸税、メンテナンス料、保険料を含んだリース料は、毎月一定のため予算管理が容易になり、原価意識が明確化できます。
 バランスシートの
 スリム化
 中小企業のお客様は従来どおり賃貸借処理が可能です。
上場会社様におかれましても、企業の事業内容に照らして重要性の乏しい契約1件当たりのリース料総額が300万円以下(維持管理費用除く)のリース取引等については、賃貸借処理によりオフバランスが可能です。
          
              車両の管理をトータル的にサポートいたします。
              負担の多いメンテナンス部分のアウトソーシング効果が得られます。
         
              オートリースのベーシックな商品です。
              メンテナンスは自社で管理したい、あるいはメンテナンスリースには適さない
              車両の場合にお勧めします。
            
リース料に含まれる主な項目 【メンテナンスリース】
車両・税金・保険費用等の他、車検・法定点検・故障修理等に掛かる費用まで含みます。
【ファイナンスリース】
車両・税金・保険費用等のみで車両の保守・点検整備等の費用はお客様にご負担いただきます。
車両代
登録諸費用
自動車税
自動車取得税
自動車重量税
自賠責保険料
任意保険料
(対人・対物・搭乗者・車両)
継続車検整備費  
法定点検整備費  
一般点検整備費  
エンジンオイル交換代  
故障修理代  
タイヤ・バッテリー代  
その他一般消耗品等交換代  

     ※お客様のニーズにお応えするため、車両のみの割賦販売も取扱っております。
         
               リースバックとは、お客様が資産として所有している全ての車両をいったん
               オートリース会社に帳簿価格で売却いただき、その車両にメンテナンスなどの
               サービスを付加し、リースにてご使用いただく仕組みです。
          リースバックのメリット
● 資金の流動化が図れます。
● 全車両が一挙にリース車となりオートリースの持つメリットも一挙に享受できます。
● 任意保険の上昇リスクを回避できます。
            導入までのフロー
導入までのフロー
          必要な書類
● 車両資産台帳
● 車検証(写し)
● 任意保険証券(写し)
             ※詳しくは、当社営業第四部までご相談下さい。
● ↑トップに戻る ●

  
  〒862-0949 熊本県熊本市中央区国府1丁目20番1号 (肥後水前寺ビル5階)
   TEL 096-363-6611   FAX 096-363-8468
Copyrights (C) 2005 Higin Lease Co.,Ltd. All Rights Reserved.